医学とヨガ、予防医学、介護・転倒予防としてのヨガ

整形外科ヨガ

整形外科ヨガとは


 

整形外科外来には、
ヨガの怪我の患者様が案外いらっしゃるのは
ご存知ですか?


実は怪我が多いヨガ。身体の解剖をよく理解して、正しく身体を使い、怪我を予防しながらヨガを行うための活動が「整形外科ヨガ」です。
筋トレや体操とヨガを融合したプログラムと、ヨガインストラクター向けの講座もご用意しています。

ヨガでけがをした患者様はほとんどの方がヨガから離れていきます。手術になる方、入院された方、1年以上も痛みを引きずっていた方もいらっしゃいました。医学の世界では人の身体に触り、運動指導する方はみな国家資格を持っています。こんなに怪我の多いヨガ。ヨガ人口は増えているけど、現場で指導しているインストラクターの方々はこの現実をご存じなのでしょうか?人の身体はみな違います。解剖を知っているだけでは運動指導はできないのです。

趣味でヨガをやっていた私は、長年培ってきた知識と経験、私の治療時に指導している筋トレや体操をうまくヨガと融合できないかな~と考え始めました。同時にヨガインストラクターの方々にヨガの怪我・整形外科医としての考えなどを還元できないか・・・と思案し、数年かけて今の整形外科ヨガが完成しました。

私たちの活動の一つは、
整形外科ヨガを転倒予防体操として提供していくこと。


内容は効果的・効率的・短時間で楽しく継続できる椅子ヨガ。ロコモティブシンドローム予防にもなるようなトレーニングで、細部にわたって仕組まれた3か月1クールのヨガプログラムになっています。

もう一つの活動は、
ヨガインストラクターのスキルアップの
トレーニングコースの提供です。


医学的知識と運動現場では必須の救命の知識を獲得していただき、自信をもって自分のヨガを提供できるようにかなり深い内容の40時間のコースです。このコースを終えていただくと、同時に整形外科ヨガ3か月コースも理解できる形になっています。

医学とヨガの融合、予防医学としてのヨガ、転倒予防としてのヨガ。これを三本柱として医学ベースのヨガを提供していきたいと考えています。

 

整形外科ヨガ ロゴマークについて


整形外科ヨガを広く普及することを目的として、ロゴマークを制定しました。
健康的にすっと伸びている背骨と自由に動ける骨盤を保つことが長寿の秘訣、若さの秘訣です。愛らしい背骨と骨盤は整形外科ヨガからの大切なメッセージであり、トレードマークでもあります。

【ご利用について】
使用者は、以下の場合に限り、整形外科ヨガロゴを使用することができます。

  • 整形外科ヨガの紹介を目的として使用する場合
  • 当事務局と提携関係にある使用者が、当該提携又はこれに関連する企画等において、当事務局の許諾を得た上でロゴを使用する場合

その他、ご不明点はこちらからお問い合わせください。