医学とヨガ、予防医学、介護・転倒予防としてのヨガ

整形外科ヨガ

代表プロフィール

整形外科ヨガ事務局 代表 井上留美子


H8年医大卒業 医療法人社団成東会松浦整形外科内科院長。
聖マリアンナ医科大学スポーツ医学教室研究員。
日本整形外科学会専門医、スポーツ医、リハビリ医、リウマチ医。日本医師会認定スポーツ医。

所属学会:日本整形外科学会・東日本手の外科学会・日本整形外科スポーツ医学会・日本臨床スポーツ学会・転倒予防学会

2012年より予防医学としてのヨガに着目し、ヨガインストラクターへの整形外科理論に基づいた運動器の指導を始める。2017年に整形外科ヨガ事務局を設立し現在にいたる。

主な実績

 

整形外科ヨガ事務局 ヨガ部門 代表 西川尚美


カリフォルニア・サンディエゴで風通しの良いヨガと人に魅了されました。帰国後、児童英語講師、高齢者運動指導、ヨガ指導を開始。現在、東京都内で陰ヨガ、整形外科ヨガを指導。陰ヨガも整形外科ヨガも機能的に、そして、骨格の個性を重要視します。機能的に行う、安全なエビデンスベースのヨガを広くの方に知ってほしいと思っています。

Facebook Naomi Nishikawa
Instagram Naomi Nishikawa
Twitter Nao92122
HP https://www.naominishikawa.com/
ブログ  http://ameblo.jp/happy-naoyoga/